家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 
宇都宮線・高崎線車両紹介 -115系-
 


▼車両概要▼
 ★使用線区★
  ・両毛線 … 高崎〜小山間
  ・上越線 … 高崎〜水上間
  ・吾妻線 … 高崎〜大前間
  ・信越本線…高崎〜横川間
  ・宇都宮線…小山〜宇都宮間
 
★所属区★
  ・高崎車両センター(高タカ)
 
★最高速度★
  ・100km/h
▲115系1000番台▲
115系は1963年に山間部や寒冷地路線向けに製造された近郊型電車です。登場から1983年まで長期にわたり新造が行われ1900両にも及ぶ製造両数を誇っています。その間様々なマイナーチェンジが行われ多くの番台区分や形式が登場しました。

ここで紹介するのは高崎車両センターに所属する1000番台で1977年に当時の新前橋電車区に配備されたものです。主な特徴は豪雪地向けに耐寒大雪設備の強化、車内シートピッチの拡大、モーターの空気取り入れ口に雪切室を設置しているなどがある。同センターの115系は登場当時から変わらず湘南色(オレンジと緑)で活躍しており3両編成あるいは4両編成を基本に組成され3〜7両編成で運転されている。3両基本編成ものの多くは内装やクーラー、床下機器などのリニューアルが施されているため外観や内装に多くの特徴が見られる。
現在は宇都宮線・高崎線上野口での運転は終了してしまったが、両毛線からの直通列車が宇都宮線の小山〜宇都宮間で1往復のみ4両編成で運転されている(列車番号459M-472M)。
 


▼編成案内▼
◆4両編成
←至高崎・宇都宮 至小山・横川・水上・大前→
1号車 2号車 3号車 4号車
クロスシート クロスシート クロスシート クロスシート
   
クハ115−1000 モハ114−1000 モハ115−1000 クハ115−1100

←至高崎・宇都宮 至小山・横川・水上・大前→
1号車 2号車 3号車 4号車
クロスシート クロスシート クロスシート クロスシート
   
クハ115−1000 サハ115−1000 モハ114−1000 クモハ115−1000
※高崎駅を基準としています。両毛線から宇都宮線に直通する列車()は小山駅で列車の進行方向が変わります。

◆3両編成
←至高崎・宇都宮 至小山・横川・水上・大前→
1号車 2号車 3号車
ロングシート ロングシート ロングシート
 
クハ115−1000 モハ114−1000 クモハ115−1000
※一部車両を除き車両のリニューアルが施されています。
※リニューアル編成のみ。
◆編成表の記号の見方
乗務員室   御手洗   車椅子専用スペース
 

▼車内写真など▼
◆未更新車の車内◆
▲車内全景▲ ▲クロスシート▲
▲車端部はロングシート▲ ▲トイレ周辺▲
◆リニューアル車の車内◆
▲車内全景▲ ▲特徴的な座席▲
▲車端部▲ ▲トイレ周辺、車椅子スペース有り▲
 


▼115系1000番台カラーバリエーション▼
▲新潟色▲
▲長野色▲